御本尊って「未来」の代名詞

    ほぼ専業主婦というところですので、時間的自由さは独身時代に比べれば遥かに多い。だからといって、時間の無駄遣いをしているわけではありませんので、一応言い訳しておきます。

    社会は敵ではなく、また称賛してくれるほどの味方でもありません。権力の魔性という仮象の想定は、被害妄想的に生みだされる想像の産物(言い過ぎかしら?)・・・創価では、権力の魔性という言葉を好んで使いますが、賢明な会員は、その言葉に表裏があることを、注意深く監視していかなければならないでしょう。創価の中心者が、権力の魔性の仮面を被っているかもしれないからです。
    社会の根底に流れる妬みという暴力は、創価の組織運営と無関係ではありません。敵対者の撲滅が活動の源泉であり、悪の存在は善を実行する上で欠かせない障害だからです。
    悪(権力)の本質は、妬みという情念につき動かされる強いエネルギーです。そして巧妙に擬装する手段を持ち合わせています。仏種を断ずる行為は、いつも聖者の形をした者の手で行われることを、わたしたちは経験しましたね。そういう経験は不幸なことですが、滅多に起きることではないと考えていたなら、間違いでしょう。過去のことではなく、いつも現在のことなのです。
    教理と無関係な儀式化と様式化という、想像性の形骸に価値を与える世界は、つねに組織のなかに存在します。継続して本幹で繰り返す過去のスピーチは、すでに、形骸化し儀式化していることに、誰も気づかない。考えないので気づくことができない。繰り返し流されるスピーチ映像は、創価を動かしていると考えている増上慢によれば、創価の遺産として30年は使えると踏んでいることでしょう。アホらしい。
    創価は、過去に生きる宗教に成り下がってしまいました。創価は未来を捨てた宗教。だから、御本尊を侮辱しても後悔することはありません。御本尊って「未来」の代名詞です☆彡

    にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
    【 ALL ENTRIES 】
    hgs-14.jpg
    【 NEW ENTRY 】
    【 COMMENTS 】
    <>+-
    【 CATEGORY 】
    【 ARCHIVE 】
    【 BlogMURA 】
    gfay-1.jpg