リスク管理と矢野裁判

    会社においては、リスク管理に多大の労力を傾注しています。東芝や神戸製鋼は、そのリスクマネジメントの失敗例です。一つの事故やクレーム発生が、会社存続に関わる重大なダメージになる可能性もあり、必要以上に、神経質になるのも仕方ないかもしれません。
    いつ頃からかは断定しかねますが、創価も組織維持という目的で、リスク管理を徹底してきたものと思われます。それだけ安定期に入ったとも言えますが、冒険はしなくなった、または必要がなくなったということかもしれません。かつての強引な折伏も、何万人も集めるような大会合もなくなりました。多くの人間を一箇所に集めると、危険なリスクが比例して増大するからです。今は、一つのクレームが、社会問題化する傾向もあります。また反逆者を整理し執拗に葬り去りました。リスクを排除したのです。
    最近は一般会員のクレームが頻繁にあるようです。これらは社会常識の範囲内ですが、将来の一律な打ち出しの困難さを予想させるものです。しかし、細部にわたっての対処の仕方は定まっていません。およそ宗教団体において対応マニュアルを作ること自体、おかしなものですが、現場を知らない職業宗教人(在家僧)はその実情に精通していないことから、会員の悩みに的確に応えることができません。クレームや苦情、相談事は無視できない切実さを含んでおり、十分なフォローとサービスが必要なのですが、鈍感な幹部は、やがて創価の名誉が傷つけられる事態に至るまで気づかない。

    昭和32年、夕張炭労事件がありました。労働者地域共同体とも言うべき労組と、生命次元での救済を使命と信じている宗教団体との対決は、その行動動機の深さにおいて、はじめから勝敗は決っていたようなものです。「小説・人間革命」や関連する随筆などの行間を想像して読めばわかりますが、池田先生は自らの責任を自覚し、深い決意で困難に臨まれました。菩薩の誓願は、信仰による自己責任の再自覚と言い換えることも可能ですが、これは仕事上でも言えることですね。
    労働運動の衰退とともに、労働貴族という言葉は死語になりましたが、反対に、宗教貴族という言葉が、その勢力拡張のなかで息をふきかえしました。宗教貴族は、再自覚が苦手なリスク名簿の筆頭格です。
    改革を使命とする者が、安泰を望むわけですから、次第にリスクが増大していきます。変化を必要とするところに、変化を望まなければ、やがてその組織は腐り、死にます。宗門は七百年もの間、一時の興隆はあったかもしれませんが、ほとんどレームダック状態同然です。広布という変革を忘れたためです。
    弘教という変革がなかったがゆえに、宗門は形ばかり残り、本質が失われました。化儀とはよく言ったものです。本質が失われているから、社会への展開と儀式で補ない安泰を図ろうとする根性には、宗教人特有のいやらしさがあります。信仰は生命次元での変革を目指すこと。信仰集団が変革集団になることは当然の道理ですが、早急な変革を望まないのが仏教の伝統的あり方です。

    強く主張することを控えて、組織に埋没する性向をその遺伝子に持つ日本人は、宗教貴族の格好の餌食です。現実を正視できずに矛盾を放置して、善のなかに悪があり悪のなかに善がある、その人間の二面性を認識できない幼児性に原因があると思う。悪は正体を隠して、善の衣装を着こなしているのですから惑わされます。さらに、唯一の正義が唯一の悪に転化します。
    善をなそうとすると苦悩が生まれ、その苦悩に負けて傍観者に甘んじ、賢い大人を演じて責任を放棄する。責任感の強さが人間性の大きさなのに、確信の強さが現実変革の手段なのに、弱さのなかで自己嫌悪に陥り、後悔しても反省はありません。現在は、自己責任という輝かしい言葉ほど、虚しい響きはないでしょう。実に魔は心理の襞に巧妙に働きかけていく悪智慧があるのですね。

    肯定的な見方をすれば、今までの創価の指導は社会への適合性を含み、順応性に富み、柔軟な思考があり、個人の変革は決して社会に脅威を与えないということ。信仰とともにたゆまない努力を強調すること。また平和行動や社会参加も漸進的であり、早急な社会変化を望みません。仏教は本来、保守的な思想なのですね。「革命児」という創価が好む言葉を、最近見かけましたか? 
    激しい言葉は消えゆく運命にありますが、軍歌調や行進曲風の学会歌、気持ちの鼓舞に焦点を当てた言葉の数々や、大真面目に大げさな表現を好む伝統的闘争心は、男性標準の男性社会だからです。
    もう時代にそぐわないことは明らかですが、会員の意識もグローバル時代に適合できていません。
    宗門と決別したとき、創価では聖的な信仰のシンボルを池田先生という「師」に求めました。「学会精神」「信仰の継承」というキーワードで学会史を振り返ってみれば、「師」がその間に介在しています。学会精神も信仰の継承も、すべて先生という中心から必ず生まれるのです。
    さらに学会史を貫いてきた「勝利」という成果主義も、ことさら強調されるようになりました。わたしたちは幸せを求め信仰に励んでいますが、幸せと勝利はほとんど同じ意味です。また人生の成功者でありたいという願望、サクセスストーリーを歩むイメージは、現世的、世俗的、現証的な創価の指導と合致しています。現証的であるがゆえに結果を重視し、それにともない、主観的な認識に左右される功徳と諸天の加護の強調もあります。その勝利への原動力としての先生のご指導は、政治的な支援活動での数量的結果主義に代表されるように、常にノルマとして会員の肩にのしかかってくるのです。功徳や唱題行為が、すでにノルマ化している会員をよく見かけます。それをMCというのであれば、MCなのでしょう。

    創価の理念から言えば、「会員のため」という論理ほど、ご都合主義があらわになる自分勝手な言い訳はないでしょう。正義とはいったい何だろうか? 正義はもともと自分用の、都合の良い解釈の側面を持っています。正義は極めて自己流なのです。
    スキャンダラスな裏面史を知りたくないと考えるのは、真に信仰者の姿勢なのでしょうか。臭いものにフタをする行為は、日常でもよくあることです。師弟の大切さを訴えながら、本当に師を求めているのか、わたしは懐疑的です。真実を恐れなく観ることが、ブッダ以来の仏道修行だからです。
    わたしが許すことができない裁判の和解が「矢野裁判」です。真実に目を塞いだ裁判でしょう。先生の弱音と恐怖心を想像しますが、和解はリスク管理の一つの選択肢でもあります。しかし本当の問題は別のところにあります。なにものにも代替できない宗教信念にも本音と建前があることです。表と裏があることです。創価には立派な言葉と理念が網羅されていますが、読んでいるうちに虚しくなってきます。世のなかきれいごとばかりではありません。

    あるサスペンスドラマのなかで、主人公が叫んでいました。
    『組織は大きくなればなるほど歪みが生じるものです・・・だから間違っていることを、間違っているとハッキリ言える人が必要なのではないでしょうか』

    Resolution
    Iliya Zaki





    abc-0112.jpg

    + Read More

    【 ALL ENTRIES 】
    lde-087.jpg
    【 NEW ENTRY 】
    【 COMMENTS 】
    <>+-
    【 CATEGORY 】
    【 ARCHIVE 】
    【 BlogMURA 】
    ngiku-3.jpg