深いプロブレムとアンサーを求めて

    いくら正しいことでも、スローガンになると硬直化します。
    聖教には毎日、スローガンが溢れています。部や地区においても、一年のスタートやイベントの始めにスローガンを掲げます。スローガンを考えている間は、未来展望がいきいきとイメージされますが、わたしの体験から言うと、一旦決ってしまうとほとんど意識されることはなくなります。つまり忘れ去られるのです。
    あってもなくても、重大な影響を及ぼさないスローガンのような範囲内であれば問題ないのですが、わたしたちの行為を規制するような心的スローガンは深刻な影響を与えると思います。
    聖教でもよく見られる価値基準ですが、二者択一的思考です。簡単に言えば、善か悪か、創価の味方かどうか、活動家か否か、といった定型的な判断基準です。もちろん前者を肯定すれば後者を否定することになります。
    強信で活動家というのが、組織の理想ですが、信仰はないけれどなぜか活動家という人もいます。活動家ではないけれど強信の人もいます。言ってみれば、グレーな中間レベルにあって、強い行動動機を持たない層に、二者択一を迫る活動を、いつも行っているように感じられるのです。折伏も同じです。幸福か不幸かの選択を迫るわけです。創価に入会してから、二者択一の階段を昇るのが、学会が教える信仰ではないでしょうか。
    わたしのような緊急の悩みを持たない3世会員は、信仰継続の強い根拠を哲学に求めます。求道者なら当然のことです。大聖人が説くように、祈りは智慧を包括し、智慧の多くは、学びを通した言語の成熟と行動に現れます。文証と理証が学びなら、現証は行動とも言えます。行動は現証を補完し、現証は学びを促進します。

    信仰理由にもそれぞれ個別の違いがあり、一口に幸せを求めているといっても、個別の幸福観があると思います。成仏と説明されても実生活においては、その神聖さは実感できません。功徳があったかどうかというような主観的な判断、人格的な充実を確信できても、それは成仏とは言いません。信仰以外でもそういうことはあるからです。
    個々の幸福観に妙法的裏づけを与えるのが、池田先生が強調される個別指導です。本来、信仰とは個人的な行為である以上、個々の悩みや信仰の理解に応じて、種々に説くのがリーダーのあり方なのだと思います。しかしこれは大変難しいことに相違ありません。指導などと言わず、自らが自らの生き方に気づくことができるようなカウンセリングと言えばよいのではないかと考えています。結論を出すのは悩む本人であり、その結論を出すまでの過程を見守り共感を寄せるのが、本当の信仰指導の意義と思います。不足しているのは祈りではなく、仏法で言えば無明という無知の本体を認識することではないでしょうか。

    信仰カウンセリングは深い智慧がなければできません。どこを歩いているのか分からないわたしたち凡夫にとって、哲学は智慧そのものです。そして幸せへの道を照らす火です。火はよく智慧に譬えられますね。火は自分を照らすだけでなく、まわりも照らし鮮明にします。
    漢訳仏典では、サンスクリット語で「智慧」と訳される言葉に、否定の接頭辞をつけて「無明」と訳されます。智慧と無明は、まるで表と裏。輪のようにつながり無限ループしている。智慧は光、無明は闇。ライトサイドとダークサイドのスター・ウォーズの世界観に似ている。智慧と無明に神秘的意味を加えて、目に見える形に単純化したものが、ジェダイのフォース。ジョージ・ルーカスは、仏教的な知識があったのでしょう。
    総勘文抄に
    『総じて一代の聖教は一人の法なれば我が身の本体を能く能く知る可し』とあります。
    信仰も哲学することも、自分を知ることに他なりません。智慧とは自分を知ること。

    これからは女性が主役です。先生がいつもご指導されています。主体と客体、上下関係、善と悪などを厳格に区別する男性的思考の限界を知り、先生は、包みこみ受け入れる女性の特質を十分に熟知されていると思います。

    深いプロブレムとアンサーを求め、切磋琢磨していけたら、うれしく思います。

    『運命が人を早くから最上席に予定しているかどうかは、まずわれわれ自身の意志と全くかかわりがない。また、幸いにも、これはさほど大切な問題ではない。そういう人は偉大な例外であり、人類の道徳的天才である。しかし、第二流の席には、われわれは誰もみな招待されており、また、ひとたびその道が示されたならば、われわれはおのずからその道を行くべく強く激励される。ひとがこの人生において出会う最大の悲惨事は、道が示されたにもかかわらず、いつまでも第三流の席にとどまって、彼らの存在が結局、自分にとっても他人にとっても真実の価値を持たずに終る場合である』(「幸福論」:ヒルティ)

    わたしは、クリスマスソングが好きですが、これって謗法ですか?

    Christmas Medley
    Two Steps From Hell





    8876187.jpg

    関連記事

    ♡Comment

    Comment Form
    公開設定

    【 ALL ENTRIES 】
    ldper-01.jpg
    【 NEW ENTRY 】
    【 COMMENTS 】
    <>+-
    【 ARCHIVE 】
    【 CATEGORY 】
    【 BlogMURA 】
    piert-01.jpg