Against the Wind

    faf-01.jpg19世紀末、アイルランドの農家の主が地主へのデモに巻き込まれ死亡する。敵を討つべく単身屋敷に乗り込む無鉄砲な息子だが、そこで美しい娘と出会い、いつしか二人は自らの土地を手にいれるためすべてを捨て遠い国へ旅立つ。開拓時代のアメリカを舞台に、移民してきた二人の愛と夢を美しい映像と共に詩的豊かに描き、忘れられたアメリカン・ドリームを彷彿させるサクセス・ロマン。

    監督 ロン・ハワード
    出演 トム・クルーズ、ニコール・キッドマン
    音楽 ジョン・ウィリアムズ
    主題歌 “Book of Days”: enya

    世間知らずの勝気なお嬢様が、一途に逞しく自分の人生を切り開いていく。ニコール・キッドマン演ずるシャノンの姿にわたしの姿を重ね合わせて、くよくよしたって始まらない、何とかなるさと励まされる。 痛快に生きよう、ぶち当たって考えればいいさ。それが若者の特権ではないかしらとドリーミンな妄想をいだいて、安定志向と戦わない傍観者的ひ弱な精神などくそくらえ(汚い言葉でお許しを!)などと意気込む。

    サクセス・ストーリーがそう簡単に手に入るわけではないことはよく承知しています。でも諦めないで夢を追いかけたほうが、ずっ~とおもしろいに違いない。お金なんて何とかなるさ。ボロを着てても一向にかまわない。女だってガッツなスピリットが1番大切なのだ。自分の人生は自分でつかむ。誰かを頼りにしたってなんになろう。

    でもそんな強がりを言いながら、世間に無知なわたしは自分のことを理解してくれる恋人が傍にいてくれたら、100%信頼してくれる人がいてくれたら、どんなに心強いことだろうと思うのです。苦労も厭わないのにと考えるのです。踊り子だってやるわよ。

    女の幸せは男次第か?  男の幸せは女次第か?  いずれにしろ良き伴侶に出会うことが人生の方向を半ば決定づけると、パンク娘を自認するわたしでさえ知っているのです。
    わたしのダーリンはわたしに相応しい人なのだろうか?  感情に溺れてはなりませんね。

    父親のLPコレクションを漁っていたら、1枚のアルバムが目に留まりました。
    奔馬の如く/ボブ・シーガー&ザ・シルバー・バレット・バンド。



    野生のきらめきと美しさで駆ける駿馬。たて髪が風に揺れ、飛沫を上げて走り抜ける姿が水面に映り、生き生きとした一瞬をとらえている。ポエティカルな想像力を刺激するアルバム・ジャケットに惹かれたのです。

    <遥かなる大地へ>のラスト・シーンのランドレースを思い出します。

    ボブ・シーガー11枚目のアルバム。80年のリリース。68年にデヴューし、すでに確固としたキャリアを積んでいます。アルバムは美しいジャケとともに彼のディスコグラフィーのなかで一つのピークを示すものです。

    アメリカン・ロックンロールの王道をいく風格と男くさい哀愁がブレンドされ、わたしの瞳はホの字になるわ。ワイルドでシンプル、落ち着いていて静かな佇まい。でも内面は熱く、深い味わいを感じさせます。カントリーティストのロックンロールが大好き!

    このアルバムにはゲストとしてグレン・フライ、ドン・ヘンリー、ティモシー・シュミットなどのイーグルスの面々、ドクター・ジョンなどが参加しています。この顔ぶれを見ただけで彼の音楽性と立つ位置がわかるというものです。

    79年リリースのイーグルス<ロング・ラン>から
    最初のスマッシュ・ヒットとなった<ハートエイク・トゥナイト/Heartache Tonight>はドン・ヘンリー、グレン・フライ、J.D.サウザーとの共作です。



    Bob Seger & the Silver Bullet Band<Against the Wind>
    タイトル・ナンバー。名曲です。

    Seems like yesterday
    まるで昨日のように思えるけど
    But it was long ago
    もう遠い昔のこと
    Janie was lovely, she was the queen of my nights
    ジェニー、素敵だったよ 彼女は夜の女王だった
    There in the darkness with the radio playing low
    暗闇のなかに低く流れるラジオの音
    And the secrets that we shared
    二人で分かち合った秘密
    The mountains that we moved
    いくつもの山を越え
    Caught like a wildfire out of control
    止まることのない山火事のように
    Till there was nothing left to burn and nothing left to prove
    すべてを燃えつくし すべてを確かめ合った
    And I remember what she said to me
    そしてお前は俺に誓ったね
    How she swore that it never would end
    二人の愛には終わりはないと
    I remember how she held me oh so tight
    そうして強く抱きしめてくれた
    Wish I didn't know now what I didn't know then
    あの頃知らなかったことを 今も知らないままでいたかった
    Against the wind
    風に向かって
    We were running against the wind
    風に向かって 俺たちは走った
    We were young and strong, we were running
    若くて強かった二人
    Against the wind
    風に向かって 走っていた
    ❖make a free translation : Anna


    音楽は峰をくだってきた清らかな風です
    何も思わず無心にその風に身をまかせると
    心が洗われたように清々しくなるのです
    確かな大地に立ったように答が得られるのです

    音楽は迷えるわたしの道標なのです
    時には流れに逆らう川魚のように
    冷たい風に向かい羽ばたく小鳥のように

    努力しても虚しくなるときもあるけど
    信じていたいだけ
    どこまでも可能性を
    いつまでもあきらめないで

    希望の一曲は何にもまして
    心のなかで
    反響するように
    共鳴するように響きわたり

    わたしに祝福のメッセージを与えてくれる
    わたしは勇気のメッセージを受けとるわ

    ロックの光に導かれて
    森に分け入って迷っても

    わたしはきっと見つける
    わたしが望んだときめきを

    人生ってスリルな毎日ね
    新しいことをやろうと思えば
    苦労もあるけど何もやらないよりマシよ

    満たされず  心の飢餓にあえいで  逡巡し
    悩んで  喚いて  言葉を失っても

    あなたが教えてくれた
    新しい始まりの場所へ

    あなたは心の広い人だってことはよくわかっていたわ
    だから
    風に向かって立ち
    風に向かって進んで
    太陽のように輝くロック・スピリットに出会うまで
    わたしは旅を続ける


    ルーツをたどれば、ロックンロールはアメリカを中心とした音楽文化。世界中の音楽が相対化されていくワールド・ミュージックの時代に、ロックンロールはポップ・ミュージックの一形態に過ぎないのかもしれないが、閉じた世界ではなく、異種交配を重ね、ミックスを経ながら進化してきました。価値観を書き換える音楽こそ、ロックンロールを形容するにふさわしい捉え方でしょう。リズムは深く民族の伝統音楽に根付いている。
    多様性としての折衷はルーツを遡りながら、複雑な混血主義を反映し、バラエティーに富む感情表現として拡大と変容を続けていくと考えるのです。ロックの躍動は、文化衝突のエネルギーを増大しつつ、ワールド・ミュージックの融合に向かって、そのスピードを加速し、未来になだれ込んでいくに違いありません。新しい音楽の、サウンド、バンドの形態、テクノロジー、ヴィジョン、すべてが深化のなかで、アートの主権を獲得していくことを念願します。ロックを補完していくものはロックよりありません。
    わたしを補完するものはわたしよりなく、あなたを補完し元気づけるものは、あなたの強い心よりありません。

    2010年11月25日の「アンナの日記」から)


    mrran-0125.jpg

    Identity Crisis

    高速道路を150kmのスピードで走り抜ける。
    ほとんど追い越し車線を風のように飛ぶ疾走感は、適度な緊張感をともなってパンクな気分になる。
    サスペンションと足回りが安心感を与え、シートに心地良い振動が伝わってきて、ハンドルを握った手が汗ばむ。過去を振り切り未来を追いかけるレーサーのように、流れるような風景も目に入らず、次々と変わる前方のパノラマに視点を合わす。
    走れ! 飛ばせ! 追いつけ! 限界を越えろ!
    わたしは “The Music” を聴きながら更にアクセルを踏みこんだ。シュールでサイケなグルーヴが陶酔を誘う。
    SAに立ち寄って胸の動悸を静める。
    「どうしてあんなにスピードを出すの? 恐くないの?」
    「恐怖なんて何でもない。音楽のせいよ」

    大胆不敵な名前を冠したザ・ミュージック。
    <彼らにできたんだもの、わたしにも何かができるわ>

    やりたいことをやり、認められ、成功する。
    これほど幸せなことはこの世にありません。
    天職が勝手に自分を見つけ出してくれて、導くように音楽の殿堂に連れて行ってくれる。
    ザ・ミュージックという名前は、怖いもの知らずの10代の若者が考えた無邪気で幼稚な、それでも彼らには十分意味ある名前だった。

    themusic.jpgThe Music / STRENGTH IN NUMBERS>Jun.2008
    1. Strength in Numbers
    2. Spike
    3. Drugs
    4. Idle
    5. Left Side
               6. Fire
               7. Get Through It
               8. Vision
               9. Last One
               10. No Weapon Sharper Than Will
               11. Cold Blooded
               12. Inconceivable Odds





    「ただ走り抜けたって何も残らないわ」
    「青春って素晴らしいけど、何をやりたいのかよく考えて進まないとね」
    「難しい言葉で言えばアイデンティティーを実現すること。誰でも青春にある者はアイデンティティー・クライシスを抱え込んでいるわ。特に男子はね」
    「ザ・ミュージックの音を聴けば分かる。彼らも越えようとしたのね。必死で。でも重たいわ、彼らの音!」
    「それはきっと悩みの深さなのね。彼らは好きなようにやったって言ってるけど、彼ら自身も意識していない深い層の無意識レベルのこと」

    ライヴに行けば分かるでしょ?
    ロックってダンス・ミュージックだってこと。
    グルーヴ感が高揚を促して、制約から解き放された自分の魂が見える瞬間のこと。
    ギター・サウンドは魔力。ダンス・ミュージックと絡んで大衆性を獲得する。
    ダンス・ミュージック=大衆性、ギター・サウンド=普遍性という単純な線引きはできませんが、彼らの新しさは青春の疾走感をアレンジした無作為のようなサウンド。
    青春の奔放さに溢れていること。同時に重さも引きずっていること。
    彼らはその後自分たちが立つポジションを確認するために、内面的な迷いを乗り越えるために、4年間というインターバルが必要だったのでしょう。

    3rdアルバムは彼らがやっと方向性を見出して、ノロノロと再び走り出したことを示しているのでしょうか?
    それは車がなめらかなエンジン音を取り戻したということなのでしょうか?
    でもわたしの敏感なアンテナは、まだ厳しい山道で立往生している姿が見える。雲に隠れた遠くの山並みを眺めながらため息をついてる姿が見える。まだ何かはわからないけれど、手が届きそうで届かない何ものかが、行く手を阻んでいるのが見える。

    ★アイデンティティー・クライシス 【identity crisis】 大辞泉
    自己喪失。若者に多くみられる自己同一性の喪失。「自分は何なのか」「自分にはこの社会で生きていく能力があるのか」という疑問にぶつかり、心理的な危機状況に陥ること。

    彼らのサウンドはロックの王道を行く筋肉と骨格、ヴィジョンとセンスを備えているとわたしには感じられます。使い捨てティッシュのような音楽が溢れている現在、それは価値観を喪失し、移ろいやすい現代人に訴えかける魂の響きが込められているようにも感じられるのです。でもまだ十分にその魅力を発揮しているとは言えません。
    でも、でも、でも、もうすぐ見えるよ!諦めないで進めば、晴れ渡った視界のなかで多くの峰々が光り輝き、先人たちも同じように道を越えてきたのだということがわかるよ!
    あなたたちは悩んだ分だけ成長し、偉大な跡を受け継ぐ十分な資格を得るわ。そのときはきっと見えるでしょう。帰るべき精神の故郷に本物のロックの宮殿がそびえ建っているのが!

    デビュー・シングル(Take The Long Road And Walk It)で困難な道を歩むことを、すでに歌っているというのは奇妙というよりありません。それにまだ10代だというのになんと大人びているのでしょう。ストレートでありながら音のスケールが半端じゃありません。UKロックシーンに新しいエネルギーが蘇ったと誰もが思ったはずです。
    <何かを伝えたい>そんな直情的なグルーヴがこのバンドからは感じられます。ファッション化したロックに真っ向から挑む真面目さが感じられるのです。

    1曲を作ることは大変なことに相違ない。
    アーティストはアグレッシブな格闘のなかに自己の存在意義をかけて挑戦しているのです。青春はまばゆいばかりに輝き続けるとは限らない。誰もが悩み苦しんでいる。生きることは目的を見つけ出すこと。彼らは頂上を目指し危険な登攀を試みている。わたしはクライシスを克服し、誰もが待ち望んだロックの正しき道を歩んでくれると確信する。拳を握りしめたくなるようなエキサイティングなサウンドがアルバムからほとばしり現れるのを・・・・・わたしは待っています。


    この記事は2010年7月21日にブログに書いたものです。
    今聴いても決して古さを感じないサウンドですが、結局、グループは4枚のアルバムで解散しました。問題提起のまま解決できずに、やがて感性をサビつかせる。ありがちなルート選択に少しがっかりですが、よく考えてみれば誰もが似たような人生を歩んでも疑問に感じない鈍感さが見られます。もちろん自分もそのクライシスを抱えていて、もがきあがいていることを自覚しています。
    多かれ少なかれ、程度差はあっても危機を抱えているのが人生です。青春の無謀さ、一途さは、これを乗り越える積極的果敢さとでも言えるのかもしれませんが、苦痛や限界に立ち向かう勇気は熟練や経験とは無関係のような気がします。


    a-fc-005643.jpg

    The End of The World

    美しい窓には、rose-001.jpg
    美しい朝の光がさしこむように、
    美しい心には、美しい愛の光がさしこむ。
    そして幸せの光がおとずれる。

    わたしはあなたのなかに、美しい心を見る。
    姿勢を正して歩く姿は、瞳が輝き、活き活きとしています。
    波のように障害をのりこえていく柔軟な思考。
    諦めないということは賢明さのあらわれ。
    大きな包容力と優しさに包まれて、安心感と安らぎを得る。
    わたしがあなたのためにできることは、深い愛情と眼差しでこたえること。

    楽しいことばかりではないわ。
    つらいことがあって、
    ふたりをつなぐ鎖を断ち切る何者かがいたとしても、
    わたしは信じている、あなたの帰りを。
    遠くからでも見ることができる、屋根の上に大きな旗を掲げて、
    あなたが帰るべき家があることを。

    愛とは聖なるもの。
    精神の高揚をうながすもの。
    楚々として力強く、
    二度と得ることができないふたりの魂の共鳴。愚かであってはならない。
    目先のことだけにとらわれる、浅はかな人間には、幸せの階段をのぼることができない。
    指の間から乾いた砂が零れ落ちるように、幸せをつかむことができない。
    川に浮かんだ木の葉のように、哀れな人生は願い下げよ。
    わたしは何も恐れていないわ。
    たとえ順風が吹かなくても、
    舵をきって船長の役割をはたし、自分の人生行路をのりきっていくだけ。
    荒波を越えていくだけ。

    清らかな泉のように
    強い鋼のように
    なめらかな陶器のように
    透明な水晶のように
    美しい魂を持った自分を発見したい。


    ❖❖❖


    なぜ太陽はまだ輝いているの
    なぜ波は浜辺に打ち寄せるの
    知らないのね
    これが世界の終わりだってことを
    あなたがもう愛してくれないから
    世界の終わりだってことを

    なぜ鳥たちはまだ歌っているの
    なぜ星は空で輝いているの
    知らないのね
    これが世界の終わりだってことを
    あなたの愛を失ったとき
    世界は終わったということを

    朝、目が覚めて思う
    なぜすべて前と同じなの
    わからない わからない
    どうやっていつものように
    暮らしが続いていくのか

    なぜ私の胸はまだドキドキしたままなの
    なぜ私のこの目は泣いているの
    知らないのね
    これが世界の終わりだってことを
    あなたが別れを告げたとき
    これで世界が終わったことを





    感傷的な詩句、メロディーが胸をうち、涙が溢れそうになる。
    わたしは失恋らしい失恋をしたことがないので、というより、恋愛経験自体が少ないから、青春の淡い恋に憬れたりする心理も影響しているのかもしれない。
    俗に言う世紀の恋って大変そう。でも、小さい恋にも小さい恋の大変さがあって、純な想いを貫くみたいな健気さは、それなりにエネルギーが必要なことだと思う。でも結局、次第に打算的になり、汚れていくのよね。
    先のことを考えると不安な気持ちもないわけでもない。清楚で美しい心であらねばならないとの考えが、いつもわたしのなかにあります。その理想とする先に、以前は奥様がおられたのは女子部であれば当然のことだったかもしれない。どのような人なのか、知らないからこそ想像力を働かせ、古風でひかえめな生き方にあこがれるのかもしれない。


    イマジネーションを刺激されて作った詞


    The End of The World
     この世の果てまで Ⅱ

    世界が終わったとしても
    私はまた悲しい心で旅立つわ
    波うち際に立って
    花輪を投げて
    別れを告げるわ
    悲しい私に別れを告げるわ

    世界が終わったとしても
    私はまた思い出といっしょに旅立つわ
    あなたのことは忘れない
    ときめいたことも
    夢見たことも
    傷ついた私に別れを告げるわ

    世界が終わったとしても
    私はいつもの笑顔で旅立つわ
    緑の野に立って
    空の雲に
    旅立ちを告げるわ
    新しい私と旅立ちを告げるわ


    ❖❖❖

    あなたに出会ったときのこと
    小春日和の新鮮な風が
    背を押すように吹いて
    どういうわけか
    なつかしさを感じました

    はじめての出会いなのに
    忘れられない面影が
    ろうそくの火のように
    心に灯ったようでした

    その思いは陽炎のように
    はかなく消えるものではなく
    記憶のなかの閉ざされていた一頁を
    開いた出会いだったのかも知れません

    わたしは思ったのです

    幾世代もの古びた書架から蘇って
    再び書き加える二人の物語なのではないかと
    わたしたちは何度も出会い
    別れをくりかえし
    光が朝を呼び寄せるように
    魂が魂を呼び寄せて
    目では見ることはできない
    過去からの約束だったのではないかと

    時代が変わっても
    男女の思いは同じ
    愛し愛されるこだまのような響きは
    誰が用意したものでもなく
    二人が求め望んだ
    切なる願いであったのだと
    過去世からの偽りのない誓いなのだと

    だからわたしは思うのです

    これから二人が
    山を越え谷を越えて行かねばならないとしたら
    試練があるとしたら
    かたく手をつなぎ
    ともに涙するいたわりと
    ともに喜ぶ思いやりがあれば
    勇者のようにまた
    戦いの記念碑を作ることができると


    ❖❖❖

    野に咲く花のように
    清楚な美しさが目を引く
    過酷な四季の天候にも耐える
    雑草のような強さ
    あなたの残像が
    麗しい風景のなかで微笑んで
    わたしを見つめています

    あなたに出会ったときから変わりました
    いろいろと考えることも多くなりました
    うわついた気持ちではなく
    愛することや
    生きることの意味を
    しっかりと考えることができました

    美しい愛のフィギュア
    理想を求める努力と知性がその形を決める
    愛の深まりのプロトコル
    人によってそのプロセスは百人百様

    愛は万人に与えられた宝
    蘇生の水
    嵐の海の灯台
    不幸の星に向かって射る狩人の矢

    わたしは白い綿毛のように純になって
    ひたすらに愛することが
    旅のキップを手にすることだと気がつきました

    わたしは今いる地平から
    大鷲のように自由に
    愛の大空に飛翔するのだと
    束縛のない心の自由に
    満たされています

    愛がすべてを変えたのです


    If You Love Me (Really Love Me) - Brenda Lee




    mrran-01171.jpg
    【 All Entries 】
    【 New Entry 】
    【 Comments 】
    <>+-
    RSS of the latest comments
    【 Archive 】
    【 Category 】
    【 BlogMURA 】