釈尊の答え

    創価を愛するならば、的確な批評が必要なことは言うまでもありません。批評に対する応答こそ自由な言論の証明です。

    阿含経「箭喩経」には、有名な毒矢の譬えがあります。

    マールンクヤプッタという弟子が釈尊に対して、「世界は未来永劫に存在するのでしょうか」「世界には果てがあるのでしょうか」「如来は死後も存在するのでしょうか」などの十問の疑問をなげかけます。
    これらの問いに答えてくれないならば、自分は還俗しますといいます。これに対して、釈尊は次のように答えます。

    『あなたの疑問に対する答えを求めるのであれば、あなたはその答えを得る前に命が尽きてしまうでしょう。たとえば、ある人が毒矢で射られたので、みんなが心配して急いで医者を呼んできて、医者がまず矢を抜こうとしたら、その男が叫んだ。
    「この矢はどういう人が射たのか、どんな氏名の人か、どんな身分の人か、背の高い人か低い人か、町の人か村の人か、これらのことがわかるまではこの矢を抜いてはならない。私はまずそれを知りたい」
    と言うならば、その男の命はなくなってしまうでしょう。あなたの問いはそれと同じなのです。もし世界は永遠に存在するとかしないとか答えることができる人がいたとしても、その人にも生老病死の苦しみがあり、さまざまな憂いや悩みがあるのです。あなたの問いは、人間の本当の苦しみや悩みとは関係のないことです。
    わたしは説くべきことのみを説きます』


    この十の問いを「十難」と言います。

    1.世界は永遠(時間的に)である
    2.世界は永遠でない
    3.世界は有限(空間的に)である
    4.世界は無限である
    5.霊魂と身体は同一である
    6.霊魂と身体は別である
    7.如来は死後に存在する
    8.如来は死後に存在しない
    9.如来は死後に存在しかつ存在しない
    10.如来は死後に存在するのではなく、存在しないのでもない

    『マールンクヤプッタよ、わたしによって語られたことは何であるか:
    マールンクヤプッタよ、「これが苦である」というのが、わたしによって語られたことである。
    「これが苦の集起するところである」というのが、わたしによって語られたことである。
    「これが苦の滅である」というのが、わたしによって語られたことである。
    「これが苦の滅へ向かう道である」というのが、わたしによって語られたことである』


    ❖❖❖

    『アングッタラ・ニカーヤ』Ⅲ.67(PTS Text,Vol.1,pp.197-8)
    三の集まり 大なる章 67
    1.比丘たちよ。つぎのような三つが、討論に関することがらである。三つとは何か。
    比丘たちよ。過去の時については、「過去の時に、このようであった」と語らねばならない。あるいは、比丘たちよ、未来の時については、「未来の時に、このようであろう」と語らねばならない。あるいは、今現在に関しては、「今現在このようである」と語らねばならない。

    2.討論を通じて、(相手の)人がともに語るにふさわしいのかそうではないのかを知らねばならない。比丘たちよ。もしある人が質問されて、断定的に解答すべき問いに、断定的に解答せず、分けて答えるべき問いに、分けて解答せず、反問して答えるべき問いに、反問して解答せず、捨て置くべき問いを捨て置かないならば、このような人は、比丘たちよ、ともに語るにふさわしくないのである。
    またもし、比丘たちよ、もしある人が質問されて、断定的に解答すべき問いに、断定的に解答し、分けて答えるべき問いに、分けて解答し、反問して答えるべき問いに、反問して解答し、捨て置くべき問いを捨て置くならば、このような人は、比丘たちよ、ともに語るにふさわしいのである。

    3.討論を通じて、(相手の)人がともに語るにふさわしいのかそうではないのかを知らねばならない。比丘たちよ。もしある人が質問されて、よりどころとよりどころでないものをはっきりと立てず、仮定とするものをはっきりと立てず、了解した論議をはっきりと立てず、方法をはっきり立てないならば、このようである人は、比丘たちよ、ともに語るにふさわしい人ではない。
    比丘たちよ。もしある人が質問されて、よりどころとよりどころでないものをはっきりと立て、仮定とするものをはっきりと立て、了解した論議をはっきりと立て、方法をはっきり立てるならば、このようである人は、比丘たちよ、ともに語るにふさわしい人である。

    4.討論を通じて、(相手の)人がともに語るにふさわしいのかそうではないのかを知らねばならない。比丘たちよ。もしある人が質問されて、矛盾して答え、他の方に話題をそらし、不機嫌になって敵意を示し不信をあらわにするならば、このようである人は、比丘たちよ、ともに語るにふさわしい人ではない。
    比丘たちよ。もしある人が質問されて、矛盾して答えることなく、他の方に話題をそらすこともせず、不機嫌になったり敵意を示したり不信をあらわにすることもないならば、このようである人は、比丘たちよ、ともに語るにふさわしい人である。

    5.討論を通じて、(相手の)人がともに語るにふさわしいのかそうではないのかを知らねばならない。
    比丘たちよ。もしある人が質問されて、ののしったり、威圧したり、あざけり笑ったり、口ごもったのをあげつらったりするならば、このような人は、比丘たちよ、ともに語るにふさわしい人ではない。
    比丘たちよ。もしある人が質問されて、ののしったりすることなく、威圧したりもせず、あざけり笑ったりせず、口ごもったのをあげつらったりすることがないならば、このような人は、比丘たちよ、ともに語るにふさわしい人である。

    6.討論を通じて、(相手の)人がともに語るにふさわしいのかそうではないのかを知らねばならない。
    比丘たちよ、傾聴に値しない人は、喩えて言えない人※である。傾聴してよい人は、喩えて言える人である。喩えて言える人であるならば、ただひとつの法をみずから知り、ただひとつの法をあまねく知り、ただひとつの法を捨て去り、ただひとつの法を直観する。ただひとつの法をみずから知り、ただひとつの法をあまねく知り、ただひとつの法を捨て去り、ただひとつの法を直観する人であるならば、正しい解脱に触れるのである。
    ※「喩え」については、相当の漢訳「説処経」では因縁を意味する「因」と訳出しているが、それは取らず。
    比丘たちよ、このために、討論がある。このために、熟考がある、このために喩えがある。このために、耳あるものを保つのである。こうであれば、執着を離れ心の解脱がある』

    <石飛道子:訳>

    ❖❖❖


    形而上学的アポリアの、論に論を重ねる無駄な論争に対し釈尊は警告を説き戒めています。これらの難問は、初期仏典のいたるところに見られ、繰り返し釈尊も直面したものと思います。
    釈尊の問いに対する姿勢は、常に真摯で、現実を直視し、衒うことなく、争うことなく、強く固く揺るがない。鋭く厳しい問いに対しても、偽り誤魔化すことなく、質問者と一体となって考え、臨機応変に導き、答えに至る。問いを直ちに肯定し、否定し、整理し、分析し、反問し、設問意図や内容を確認しつつ再考させ、ときには、答えることをしない。沈黙もまた答えなのです。また巧みに譬喩を用いて、ダイナミックにあるいは慎重に真理に導く。智慧ある者が用いる最上の方法で対話し、苦しみの本源に気づかせて、新たな自己の可能性に目覚めさせる。
    不毛な十難に対する答えは拒否し、四諦をもって答えとしました。釈尊において、苦から出発した解脱への道は、この四諦によって、ことごとく完備しています。しかし実践は甚だ難しいでしょう。自己存在は、自己否定と肯定のはざまにあるからです。凡夫に海のように深い智慧を求めるのは不可能です。また金剛石のように固い意思を求めることも不可能だからです。

    『池田先生は、理想主義者でありながら、徹底した現実主義者でもあります。どこまでも現実に即し、現実から離れず、現実の問題から目を逸さず、現実のなかで理想実現に努力を惜しみません。日常生活に付属する混乱と平安のなかで、欲望の制御と超克の果てに、主体的な内面把握というプロセスを経て、大いなる自由を獲得しようと努める姿です。
    そういう姿に、わたしは「目覚めた者」の聡明な生き方を見ます。粘り強く対話する生命の大らかさと忍耐強さに、
    「実に自己こそが自己の主。自己こそが自己の依りどころ」
    と謳う行為の主体者としての完成を見ます。業と責任を負い、法に帰依しながら法を普遍的位置まで昇華した規範を見ます。動揺も偏向もない中道の歩みは、実践への深い決意を促して、師弟へのロイヤリティーをわたしたちに求めている』
    (「アンナの日記」から)

    わたしはかつて、女子部の鑑のように行動し、模範的会員の金型にハマったような鉄骨人間のようでした。信仰に何を求めていたのだろうか。求道の対象となる先生は今は老い衰え、ひきこもり、名誉ある現実主義者という名称を放棄しています。

    「創価ルネサンス」は組織の弛まない改革と同時に、人間変革のスローガンであり、永遠の信念であり、再生へのシナリオです。スタートでありながらラストまで行き着くことがない、会員に課せられた現実的テーゼです。
    現実問題から決して離れることがなかった釈尊なら、空疎なスローガンを連発し会員を悩ます創価に、その根拠と立脚点を示してくれるだろうか。
    寝ても覚めても考えたこと......わたしは、誓願の菩薩になることができますでしょうか?
    自分のことなのだから、このような問い自体、無意味ですね。

    「私の天使よ、私のすべてである人よ、私自身である人よ」
    「この心は永遠にあなたのものです。永遠に私のものです。永遠に私たちのものです」
    釈尊の説法に似ているけど、これはベートーヴェンの激しい恋の告白。
    偉大な作曲家の告白は、宗教家の言葉のように深遠な響きがありますね。


    Valentina Lisitsa, BEETHOVEN, "Appassionata",
    Piano sonata No. 23, F-minor, op 57 on Bösendorfer
    #熱情





    法を語ることは人間を語ることです。信仰世界にあっても結局、検討され修正が加えられ、より真理に近づく人間洞察の深さに感動するのです。希望を与えるのは、自分と同じ人間が、完成者への歩みを止めないという姿です。挫けない姿勢の源泉を知ることです。万人に共通する人間への賛辞と肯定です。人間洞察は、憧れの人間像を描き、提示し、自らも実践することです。
    最近、幹部のなかでも、こういう基本的なことも理解していない、口ばかり達者な方が多いと感じられるのですが、わたしはどうしてだろう、と考え込んでしまいます。お話を聞いていても、少しも感動しないし、学ぶこともないし、魅力も感じられません。品位の低下は、一般社会だけではないのですね。たぶん、忙しくて、自分を見つめ考えるという信仰者にとって不可欠な過程を省いているからでしょう。

    人材育成といっても半分は、人材を見つけることに費やすべきです。人間洞察がないから、当然のこと、人材も見分けられない。わずかな功績を誇り、わずかな信仰実証より語れないにもかかわらず、地位だけは保証される。創価ってすごいと思う。信仰は一面、個人にあっても、個人と社会の関係にあっても、危機を乗り越えるためにあると思いますが、危機に気づかない者が、忠言に気づくはずもありません。信仰者でありながら、人道を踏み間違えているのです。宗教者であれば法によって守られて、人道を踏み外さないというのは、勝手に思い描く幻想です。悲しいことに、こういうことを経験したくないほど経験してきましたからね。

    組織維持と発展は、例えて言えば、将と兵士の連携にあると思います。兵士は全員が人材ですが、兵士だけでは成果は望めません。将の素質として注目しなければならないのは、兵士一人一人の個性と力量を見極める眼識です。その下地になるものは、人間洞察の深さであり、経験によって磨かれた挑戦へのひたむきな情熱です。将は旗を持ち、戦いの先頭に立つべきであり、その苦しく、命をさらした責任と辛さを一身に受け止めなければなりません。
    葛藤は、信仰論の目次に必ず設けられる項目です。信仰が深ければ深いほど葛藤も深くなります。しかし、人間洞察は、この葛藤の連続のなかにあり、そして鍛えられ磨かれた人間自身の特性を知ることに他ならない。

    他人を評価することほど、簡単で困難な作業はありません。他を評価すると同時に、自らも厳しく評価しなければならないからです。
    欠点を指摘したり、減点法で評価したりすることは、実に簡単なことです。でも相手に対し、失点を自覚させることができても、リーダーの務めはまだ終わっていません。減点した分を埋める励ましを、自らに課せねばならないからです。リーダーがリーダーである理由は、まさにここにあるのです。尊敬する先輩が「徹底した励ましが大切です」と教えてくれました。わたしもその通りだと思う。自らが傷つき倒れても、決して忘れてならない自らの使命を、簡単に放棄してはいけないのです。

    優れた将であることの証明は、勇気があるかないかですが、単に外に向けた強さだけでなく、自身の内面に向けた強さにあることは指摘するまでないことです。つまり、強くなければならないと訴える信仰の極みを、内面に向けた動機へ変えることです。最強の敵は、自身の内側で、鉄壁の城壁を築き、鎧を着て立ちはだかっているのですから。

    多くの問題を抱えて激変する世界情勢。そのなかで翻弄される小舟のような日本。
    遅くなりましたが、令和二年、明るい年でありますように...。
    と言いながら、新型コロナウイルスによる感染症が蔓延しそうで怖い。



      as386-1011.jpg
    関連記事

    Comment

    ポラリス | URL | 2020.05.05 22:53
    ハイサイ、アンナさんご無沙汰しております.お元気ですか、私は除名された方と接触したとのことで、役職解任、協議会不参加、自らの会合開催禁止処分を受けました。座談会と本幹参加は自由とのことですが、二度と参加することはないと思います。人は楽しい、元気になるところに集まるのです。あんなつまらないところにはいずれ誰も行かなくなると思います。今後は一人立つ精神で、自立した信仰者として、悩み、苦しんでいる人々に勇気と希望と励ましをおくる人生を歩んでいきます。ヨロシク!学会は大御本尊を授受しないことで、衰退していくと思います。沖縄ではコロナで選挙戦ができなくなっています。
    アンナ | URL | 2020.05.07 15:31 | Edit
    コメントありがとうございます。
    遅くなりごめんなさい。なにしろ、放置ブログですので、来訪者もおりません。

    コロナで組織は壊滅的打撃を受けましたが、地区では特に悩んでいるふうにも見えません。
    休みができて良かったのかもしれませんが、活動家も少ない上に、訪問も難しいとなれば、先が見えていますね。わたしが心配することではありませんが。

    ポラリスさんも波乱万丈ですね。
    仲良くやってくださいね。
    Comment Form
    公開設定

    【 All Entries 】
    【 New Entry 】
    【 Comments 】
    <>+-
    RSS of the latest comments
    【 Archive 】
    【 Category 】
    【 BlogMURA 】